薬剤師の転職

婚活市場における普通の人に当てはまるには?【薬剤師の結婚必勝法】

更新日:

 

こんにちは、現役婚活市場の住人 こぐれはること大学からの友人あやこです。

はるこ
一応彼氏はいます。
あやこ
結婚相談所利用歴4年の中堅です。

 

今日もまた“婚活”について調べていました。

 

そういえば、最近では“三高”なんて言葉は聞かなくなりましたね。

三高というのはバブル時代の象徴とも言える言葉らしいです。

 

 



はるこ
今、三高なんて使い始めたらヤベー奴だよね。

 

あやこ
間違いないね!今は普通の人と結婚するのも難しいと言われている時代らしいよ。

 

はるこ
え?普通の人との結婚って難しいの?

 

普通の人とは?

 

婚活市場における多くの女性が求める普通の人”とは、

パートナーエージェンシーのサイトを運営している東京結婚相談所研究会のHPによると

 

①身長175cm以上

②年収600万円以上

③大卒で偏差値55以上

④年齢30〜35歳

⑤次男

⑥未婚(バツイチを除く)

 

はるこ
ふーん、そうなんだあ。これってどのくらいの人が当てはまっているの?

 

これらの5つの条件を満たす成人男性の割合と人数は?

それぞれが30%程度なので、おおよそ0.24%となり、400人に1人の割合となります。

また、これに容姿や性格などの条件が加わった場合、①〜⑥の条件よりもさらに少なくなり、数千人に一人の相手を見つけなければいけなくなります。

 

あやこ
そうだったんだ〜。今までにこれと言った人に出会えなかったのも納得。普通な人ってなかなかいないんだね。

 

はるこ
そうだね〜、これって薬剤師だとどうなのかな?

 

あやこ
僭越ながら、査定させていただきますか。

 

①身長175cm以上

はるこ
まあ、これはね。薬学部だから身長が高いとか低いとかはないんだけど。

 

あやこ
婚活市場では175cm以上が理想みたいだけど、全国の平均身長は171cmくらいなのでここで半分弱になっちゃうんだ〜厳しいね。

 

はるこ
でも、私は自分より身長が高ければ良いから絶対175cm以上が良いとは思わないけどな。

 

 

②年収600万円以上

はるこ
MRだったら、余裕で600万円以上稼げるよね。

 

あやこ
うん。ドラッグストアでも、もらえるよね。

 

はるこ
調剤薬局も、男性薬剤師は貴重な存在だから管理薬剤師やエリアマネージャーとか、それ以上の出世街道に入りやすいもんね。

 

あやこ
年配の女性も多いから、比較的男性って可愛がられやすいよね。

 

はるこ
そうそう。ほんとそう。もし、30歳以上で管理薬剤師をやっていて600万円に全然届かないようであれば、一度転職会社のコンサルタントに相談するのも良いレベルだと思う。

 

あやこ
新卒からずっと同じ会社にいると、大幅に給料が多くなることはないもんね。求人を見るとこんなにもらえるんだーって思う時はよくある。

 

はるこ
短期間でたくさん稼ぎたいなら派遣がおすすめだけど、キャリアアップが目的なら一度お給料が多くもらえる会社に転職して、勤め続けるのが良さそうだよね。

 

あやこ
自分だけなら良いけど、家族を養うとなるとお給料は大切だよね。

 

③大卒で偏差値55以上

はるこ
薬学部なら、偏差値55以上あるところが多いよね。

 

あやこ
ちょっと待って!調べてみたらそうでもないみたい。

 

はるこ
え?本当だ!私たちの大学も55ないし!笑

 

あやこ
おお、大卒はクリアできたけど偏差値でつまづいてしまった。

 

はるこ
でもさ、よく考えてみて?偏差値が55って一般的な大学でいうとMARCHレベルなのね。

 

あやこ
・・・ああ、明治・青山・立教・中央・法政ね。久しぶりに聞いたから思い出せなかった。

 

はるこ
つまり、婚活市場の女性陣はMARCH以上の学歴があれば生活に困らないレベルって言っているわけでしょ。

 

あやこ
そうだよね、MARCHだったら名も知れてるし仕事も選べる立場にあって、子供にだって勉強を教えられるような学力があるという安心感がある!

 

はるこ
その安心感って、薬剤師にも言えることだと思うのね。真面目だから、分からないことがあったらちゃんと調べてくれるし。

 

あやこ
実際、薬学部に入れても進級できなかったり国家試験に受からない人なんてたくさんいるもんね。

どこの大学を卒業したかではなく、薬剤師免許を持っていることを評価してもらいたい。

 

はるこ
そうだよね、大学が偏差値55以上じゃなくても薬剤師免許があれば良い気がしちゃう。

 

あやこ
結局、仲間である薬剤師にゲタを履かせたくなっちゃうよね。笑

 

④年齢30~35歳

はるこ
あれ?ここに来て気づいたんだけど、30代に突入してまだ日が浅いですが、周りに独身の男性はいますか?

 

あやこ
え?いるじゃん。国試浪人し続けてる人と、ディズニーの年パス買って独身を謳歌している人、噂によると池袋の風俗に出入りしている人!

 

はるこ
やべぇ、やべぇ。友達が少ないからまともな人が思いつかないだけだよね?

 

あやこ
うん、そうであってほしいよ。

 

はるこ
っていうか、逆に私達もそう思われているんじゃないかと思うと辛いところではあるよね。

 

あやこ
うん、世の中では私たちのような立場を“こじらせてる”って言うらしいよ。

 

はるこ
ああ、悲しい。

確かにクラスでも女の子と上手に仲良くしていた男性陣はもう結婚している気がしたよ。その逆も然り・・・。

 

あやこ
他の大学よりも2年も遅く卒業するのに、みんな堅実だったか・・・。

 

⑤次男

はるこ
次男か〜。最近では長男だからその両親と同居するとかは少なくなっている気がするけどね。

 

あやこ
そうだね、長男次男に関わらず大学のあった地域で就職をして、そのままそこに住み続ける人もいるし、奥さんの実家の近くに引っ越して住んでくれる人もいるよね。

 

はるこ
まあ、次男の方がより同居の可能性を下げられるってことなのかな。

 

あやこ
確率で言われたら、それはそうなるね。生まれた瞬間にもう婚活市場における優劣がつけられているかと思うと世知辛いよ。

 

⑥未婚

はるこ
むしろ、婚活で一番大切なことが、何で一番最後に来たんですか!

 

あやこ
ですよね。まあ、バツイチもいることにはいるんじゃない?

 

はるこ
そうなんかな。理由にもよるけど、30-35歳でバツイチで婚活始めてる人って深掘りしたくなっちゃうなあ。

 

あやこ
確かに、私たちなんてまだ結婚のケの字もないのに、それを2ターン目って・・・。

 

薬剤師との結婚について まとめ

はるこ
私は婚活アプリのpairsで彼を見つけて、あやこは結婚相談所をいくつか登録して奮闘中じゃない?

 

あやこ
うん、そうだよ。

 

はるこ
婚活アプリも結婚相談所も共通して言えることは、まずはその人の年齢だったり身長だったり年収だったりをカテゴライズすることから始まるよね。

 

あやこ
うん、そうだね。私も自分自身をカテゴライズして、相手はそれを見て選んでるし、私も相手のを見て選んでる。

 

はるこ
カテゴリーに分ける中でも、年齢や身長、出身地は不変的なものだから変えられない。だけど、年収や趣味なんかは変えられるじゃない?

 

あやこ
うんうん。

 

はるこ
実際さ、年収や年齢、その人の外見から選ぶことが多いと思うの。

その選んだ中で、趣味とか共通のものがあると、より会ってみたいなと思わせる訳で。

 

あやこ
そうだね、聞く話によると年収が第一に気になる女性が多いんじゃないかな。今後、結婚して一生を共にするには重要と思うのもしょうがないよね。

 

はるこ
年収を気にする女性は嫌だとか思う気持ちはよく分かるけど、多いに越したことはないし、年収が高くなることで自分も相手の女性を選べる範囲が広がるわけじゃない。

 

あやこ
確かにね、500万円の年収が600万円になるだけですごく変わると思う。

 

はるこ
そうしたらさ、結婚相手を見つけるために年収を上げるっていうのも婚活市場では必要なテクニックなんじゃないかな。

 

あやこ
そうだよね、それで共通の趣味があって、優しい人だったら私も結婚したいくらいだよ。

 

はるこ
ただ残念なことに、最近の男性は“結婚後に女性にも働いて欲しい”と思っている人が多いらしいよ。

 

あやこ
それはね、結婚相談所に申し込んでいる身だから、ちゃんと気付けてるよ。

共働き希望の多いこと、多いこと。

 

はるこ
そうなってきたら、産休や育休の取りやすい職場を今から見つけとかないとね。

 

あやこ
そうだよねー、私も転職考えなきゃかなー。

 

 

-薬剤師の転職

Copyright© 女は派遣薬剤師 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.